カテゴリー: 情報記事

ペニス増大にかかる金額は安い?保険を使うことはできる?

ペニス増大にかかる金額は保険は適用できません

ペニス増大の手術は、自費で行われるものですので健康保険は使うことが出来ません。これは、一般的にはペニス増大の手術が病気や怪我の治療の目的ではなく、審美的なものという扱いのためです。でも、値段はクリニックによって異なりますし、安い医療機関もあります。

保険を使うことが出来ないため、値段が高く感じるかもしれませんがその分効果が絶大ですし、自分でトレーニングなどをするよりも目に見えた効果が期待できます。金額的なことを言えば、安いクリニックを探せば経済的な負担は小さいです。

健康保険を使うことが出来ない治療は、一般的には美容医療全般がそうなります。その分生活の質が高くなるのでそれをどのように感じるかということです。ペニスが大きくなることによって、性的な興奮が高まったりパートナーを満足させることが出来るので、多くの男性が手術をしてよかったと医療機関のレビューや掲示板などで述べています。

陰茎と亀頭増大があります

ペニス増大といっても、亀頭と陰茎では異なりますし片方だけを大きくするのか両方にするのか、ということでも金額は異なってきます。一般的に、亀頭を増大する注入系の治療は10万円前後で行われていますが陰茎の場合はもう少し高いです。

両方をやるとすれば、それぞれの料金がかかってきますのでまずはカウンセリングを受けるのをお勧めします。自分が思っているほど、平均値より小さくないかもしれませんしどのような大きさにしたいのかを、担当のドクターとカウンセリングで決めます。

ペニス増大をすることで、生活の質が一気に上がりますがその分リスクもありますし金額も自費なので、高額になります。でも、男らしさに自信を持つことが出来るようになりますし、その金額を支払っただけのメリットは大きいです。保険を使うことはできませんが、多くの美容医療はそういう物ですのでそこは自費でなるべく安いところを指すのが、ペニス増大にはお勧めです。

まとめ

ペニス増大手術は、ペニスを大きくしたい人にとっては重要な手術ですが病気や怪我ではないので、健康保険は使うことが出来ません。ですが、手術をすることによって大きく生活の質を上げることが出来ますし、性的な興奮も上がります。パートナーを満足させられずに悩んでいる、という方は亀頭や陰茎の増大手術のカウンセリングがおすすめです。ペニス増大の手術をすることで、ペニスに自信が持てるようになりますし夜の生活も楽しくなります。

高い値段のペニス増大術を受けてもパートナーを満たせるなら安い

ペニス増大手術の平均的な金額はどうなっているのか

ペニス増大手術の値段は決して安いとは言えないです。
まずペニス増大手術は長くさせる事を目的にした施術と太くさせる事を目的とした施術に分けられており、前者は15万円から50万円、後者は5万円から40万円が相場の金額となっています。全体的に高いペニス増大手術ですが、その理由は保険が適用されないからです。保険が適用されない、それはすなわち施術にかかる金額は全て自己負担を意味しています。
しかし手術に用いるペニス増大の注入液によっては値段を軽減させる事が可能です。
その代表的な注入液がヒアルロン酸やコラーゲンで、これらを用いた場合の平均的な金額は5万円となっています。ここまで安い理由はヒアルロン酸とコラーゲンは体内に吸収されやすい成分であるため、数年で元に戻ってしまう性質があるからです。そのため圧倒的な安さを実現しています。
長い目で見ればあまりおすすめできませんが、即効性を求めている人には向いているといっても過言ではないです。

金額がかかった手術を受けるほどにパートナーを満たしたいのか

ペニス増大手術を受ける人には「見た目を良くしたい」など様々な動機がありますが、そのうちの1つに「パートナーを満たせるようになりたい」という理由が代表として挙げられます。
セックスには多種多様な趣向があるものの、2人の共同作業である事には違いないです。
相手との対等さや気持ちを確かめるためにもセックスは恋人には大事な行為ですが、こうした場合になると女性は厳しい目を持ちます。どのような女性であれ、大なり小なりお姫様のように扱われたいと思っているものです。
そのため女性からすれば「セックスでは絶頂させてほしい」と常に思っていますが、サイズが不足していれば快感を拾えずに気持ち良くなれません。そうなれば次第に関係は冷え切り、破局するのは言うまでもないです。恋人との関係を長続きするためには身なりや言動など気にしなくてはいけない事が多々ありますが、セックスで満たせる努力もまた必要となります。

まとめ

ペニス増大手術の値段は施術の内容によって異なるものの、5万円から50万円します。
安いとは言えないこの金額は保険が適用されないせいですが、施術を受けようとする人は後は絶たないです。その動機は様々あるものの、そのうちの1つとして挙げられるパートナーを満たしたいという動機は代表的な理由として広く知られています。
パートナーを満たすと言う事は交際の秘訣で、相手との関係が冷え切らずに長く付き合いたいのであれば必須です。

ペニス増大術を受けるのとサプリを服用するのとでは安いのはどちら?

ペニス増大のためのコストの比較

ペニス増大をする場合、一般的にはサプリメントが手軽で簡単と思われていますが、確実に効果を出したいのであればペニス増大の手術を受けるという選択肢があります。金額的には10万円以上の出費にはなりますが、サプリメントが安いからといっても続けなくては効果が持続できせんしその効果もそれほど高くはありません。

ペニス増大術を受けた場合、その値段は確かに高いと感じるかもしれませんが効果は持続します。値段だけで比べると、サプリメントひと箱よりはペニス増大術のほうが高い印象はありますが、費用対効果を比べるとそうとは言いきれません。

手術を迷っているときに、サプリメントのほうが費用が安いことであきらめそうになりますが、実は費用対効果はペニス増大術法が高いです。金額的なことは確かにサプリメント1か月分のほうが安いですが、服用の手間もありますし即効性がないので根気よく飲み続けなくてはならないのがデメリットです。

サプリメント服用より手術がおすすめ

ペニス増大手術は、金額が10万円を超えますので確かに高額に感じますし、サプリメントで良いかと思ってしまいがちなのが実情です。しかし、一時的な出費や金額のことを考えればサプリメントに軍配が上がりますが、長期的な効果や金額を考えると手術のほうがメリットが大きいです。

術後症状が落ち着けばすぐに立派なペニスを常時実感することが出来ますので、セックスライフは豊かなものになります。一方サプリメントは効果が医薬品でないためそれほど高くありませんし、服用しないと元に戻ってしまいます。

効果には個人差がありますし、それを保証してもらえるものではありません。それに比べると、ペニス増大術はきちんとした医療機関で手術をすれば痛みに配慮して増大することが出来ますし、効果が続くので男としての自信が身に付きます。費用対効果にしても、サプリメントを何か月も飲み続けるのであれば、手術をするのと1年後はそれほど変わらなくなります。

まとめ

ペニス増大手術は、料金が高そうに感じますが実はそうでもありません。サプリメントのほうが安いですが、1年以上飲み続けた場合にはサプリメントも10万円以上かかってきますし、長く飲めば飲むほど手術のほうが安くなります。亀頭や陰茎など、気になる部分だけ増大することもできますし費用対効果は手術のほうが高いです。今までサプリメントを安いという理由で服用していた人も、手術を考える良いきっかけになるのではないでしょうか。

安いとは言えない金額を払ってペニス増大術を受けることの意味

男としての自信がつく

ペニス増大手術にかかる金額は安くないです。それでも、ペニス増大手術を受けたほうがいいのは、男としての自信がつくことが1つの理由です。性行為をするか否かに関わらず、ペニスに自信がないと女性との会話・態度に影響します。「包茎がバレたら嫌われるかもしれない」などと考えて、女性とのコミュニケーションで積極的になれなかったらもったいないです。性行為ももちろん人生の楽しみの1つですが、それ以上に女性とのコミュニケーションは楽しいもの。ペニス増大手術を受けて自分のものに自信がついたら、それが女性とのコミュニケーションにも現れます。だれだって自信がある人のほうが好きですよね。ポジティブな気持ちは相手に伝わって、相手もポジティブになれます。逆にネガティブな気持ちも伝わるので、ネガティブな人とは一緒にいたくない。女性とのコミュニケーションで自信が持てるようになるなら、ペニス増大手術にかかる金額・値段は安いです。

彼女ができたら風俗代がうく

ペニス増大手術にかかる金額・値段はケースバイケース。真性包茎の治療では100万円を超えることもあります。たかがペニス増大のために100万円と考えるでしょうか。はっきりいって、ペニス増大手術を受けて女性を満足させられるようになれば、それ以上の金額が浮くこともあります。モテない男性は風俗などで女性を抱くしかないです。平均的な風俗店では、1時間あたり2万円以上はします。1時間ですと「ケチな客」と思われるので、普通は2時間程度予約をとるのではないでしょうか。月に3回程度通っていたら、1年で余裕で100万円は超えますよ。そう考えると、ペニス増大手術にかかる金額は安いですよね。女性は口には出しませんが、男性以上に性欲が強い傾向なので、体の相性が良い相手と付き合いたい。「この人と何回もセックスしたい」「結婚したら毎日こんな気持ちいいことできるの」などと思わせるくらいの気持ちいいペニスを持っていたら、彼女ができる可能性はぐんと上がります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ペニス増大手術を受けることの意味を少しはわかっていただけたかもしれません。この記事で紹介したことはほんの一部でしかありませんよ。ペニス増大手術を受けることの意味は、他にもたくさんあります。今の時代、「将来のために貯金をする」よりも「お金を使うことで人生をより楽しく」と考える人が増加傾向にあります。貯金も大切ですが、人生を楽しめなければ意味がないので、バランスを考えましょう。もちろん、ペニス増大にかかる金額は安くないので、じっくりと検討してください。