ペニス増大術を受けるのとサプリを服用するのとでは安いのはどちら?

2月 6, 2020 情報記事

ペニス増大術を受けるのとサプリを服用するのとでは安いのはどちら?

ペニス増大のためのコストの比較

ペニス増大をする場合、一般的にはサプリメントが手軽で簡単と思われていますが、確実に効果を出したいのであればペニス増大の手術を受けるという選択肢があります。金額的には10万円以上の出費にはなりますが、サプリメントが安いからといっても続けなくては効果が持続できせんしその効果もそれほど高くはありません。

ペニス増大術を受けた場合、その値段は確かに高いと感じるかもしれませんが効果は持続します。値段だけで比べると、サプリメントひと箱よりはペニス増大術のほうが高い印象はありますが、費用対効果を比べるとそうとは言いきれません。

手術を迷っているときに、サプリメントのほうが費用が安いことであきらめそうになりますが、実は費用対効果はペニス増大術法が高いです。金額的なことは確かにサプリメント1か月分のほうが安いですが、服用の手間もありますし即効性がないので根気よく飲み続けなくてはならないのがデメリットです。

サプリメント服用より手術がおすすめ

ペニス増大手術は、金額が10万円を超えますので確かに高額に感じますし、サプリメントで良いかと思ってしまいがちなのが実情です。しかし、一時的な出費や金額のことを考えればサプリメントに軍配が上がりますが、長期的な効果や金額を考えると手術のほうがメリットが大きいです。

術後症状が落ち着けばすぐに立派なペニスを常時実感することが出来ますので、セックスライフは豊かなものになります。一方サプリメントは効果が医薬品でないためそれほど高くありませんし、服用しないと元に戻ってしまいます。

効果には個人差がありますし、それを保証してもらえるものではありません。それに比べると、ペニス増大術はきちんとした医療機関で手術をすれば痛みに配慮して増大することが出来ますし、効果が続くので男としての自信が身に付きます。費用対効果にしても、サプリメントを何か月も飲み続けるのであれば、手術をするのと1年後はそれほど変わらなくなります。

まとめ

ペニス増大手術は、料金が高そうに感じますが実はそうでもありません。サプリメントのほうが安いですが、1年以上飲み続けた場合にはサプリメントも10万円以上かかってきますし、長く飲めば飲むほど手術のほうが安くなります。亀頭や陰茎など、気になる部分だけ増大することもできますし費用対効果は手術のほうが高いです。今までサプリメントを安いという理由で服用していた人も、手術を考える良いきっかけになるのではないでしょうか。